Mimi&Associates ミミと愉快な仲間たち

東京→札幌→大阪→東京 度重なる転勤の末に得たものとは…幼稚園受験、小学校受験を経て現在の様子等を交えて、役に立った事等を綴って参りたいと思います。

変な上司あるある!! 声がデカい上司、自信満々の上司、切羽詰まった上司等

 

f:id:relazione:20201108220946j:plain

 

 

 1.変な上司あるある‼︎

 

今日は、会社員歴今年で14年目の私が今までに経験した、変な上司あるある‼︎を書いてみたいと思います。

 

最初にお断りしておきますが、私は転職回数が多いです(>人<;)


お読みいただいて…こんな変な人が本当にいるの⁇と思われるかもしれませんが、全部本当の話ですびっくり

 

ノンフィクションです!!

 

では、早速いってみましょう〜

 
 

2.「ちゃん」付けで呼ぶ上司‼︎

 

結婚する前に、臨床試験の会社に勤めていた時の事。

朝のブリーフィングで…

 

T中部長「会社の中で、同僚や先輩後輩をちゃん付けで呼ぶのは、社会人として失格です!!

皆さんも、気をつけて発言してください。

では、今日も一日よろしくお願いいたします。」

 

シーンとフロア全体が静まりかえる中、超デカイ声で「ミミちゃん?ミミちゃん、ちょっと来てー!!」と叫ぶT中部長。

 

みんな、顔を見合わせていましたポーン

 

T中部長「ちょっと、昨日寝違えちゃったみたいで、凄く肩が痛くて耐えられない感じーデレデレ

 

私 T中部長(女性)の肩をとっさにモミながら、部長の耳元でヒソヒソ声で「T中部長…さっき、私の事、ミミちゃんって言ってましたよ。」

 

T中部長 超デカイ声で「えっ?ウソでしょ?」

 

私「本当に言ってました。」

 

T中部長 超デカイ声で「えー!!

 

部長がこんな感じの人だったからか、毎日、なんだか疲れていました。

ちなみに部長の自慢は、女子学院ご出身な事でした。

桜蔭、女子学院、変な人多い説の一つです。

 

3.切羽詰まった上司‼︎

 

東京の、某大手シンクタンクに面接に行った時の事笑い泣き

 


結婚して専業主婦になってみたら、毎日暇でしょうがなかったので、電通とか大手ゼネコン等に面接に行ってみたが案の定落ちて、某大手シンクタンクでの統計業務、時給1860円のバイトの時給に目がくらんで応募してみましたランニング

※都内コンサルでシステム系のバイトだと、これくらい普通にもらえるらしいです。

 


東京のメガバンクや商社などが立ち並ぶ一等地の、某ビルに入り会議室に通されたキョロキョロ

 

男の人が2人座っていて、年配の人(と言っても当時40代前半)の方が上司らしく、私にいろいろ質問をしてきました。

 

T氏「統計業務ではSAS(プログラム言語)を使っているのですが、履歴書を拝見すると、以前にCOBOL (プログラム言語)を使ってお仕事をされているので、ちょっと勉強すれば大丈夫かなと僕は思いますがいかがですか!?

 


私「えっ、SASですか??全く、詳しくないので大丈夫じゃないと思います。すいません。」

と言って目をそらしたところ…ガーン

 


T氏「僕も教えるし、M君も教えられるから心配しないで。」と言って、私の目をじーっと見つめるT氏真顔

 

私「すいません、やっぱり自信無いので…」

 

T氏「貴方に決めました!いつから来てもらえますか?

 

私「本当に自信がないので…」

 

T氏「僕、猫の手も借りたいくらい、忙しくて切羽詰まっているんですゲッソリ」と言って、私の目をじーっと見てくるT氏(゚o゚;;

 

断っても断っても、食らい付いてくるT氏!!

めっちゃ怖かったです(涙) 

 

 f:id:relazione:20201108220900j:plain


4.翌日のT氏

 

 あまりにもしつこいので、早速翌日からT氏の部下として働く事にしたのですが…

丸一日、T氏と一緒にいたのですが、全然忙しそうじゃないんだよね!?

 

関係部署や、T氏の上司、T氏のグループ、T氏の社内の知り合いや、お客様等へのご挨拶まわりで一日終わった感じでした。


それから、一週間くらいT氏と一緒に仕事して思った事は…Tって、基本ヒマじゃね??って事でした!!


5.自信満々のT氏‼︎

 

 T氏の口癖は「僕の頭脳を持ってすれば、こんな仕事3時間で終わる。」でした。

 

しかし、超高学歴男T氏が、このセリフを言った時は、要注意だったのですびっくり

 

結局その仕事は、3人がかりでほぼ徹夜で三日間かかり、3人で朝日を見た事は忘れられません。

 

T氏、もうそのセリフ言うなよ!!

 


6.T氏との秘密の約束

 

  Tの部下になって数日が経った頃のお話です。

 

T氏「ミミちゃん、僕たちの仕事って、絶対に間違えられないし、重要な仕事してるじゃない?だから、僕とミミちゃんのどちらかが欠けると、仕事にならないし、何かあったときに困ると思うんだよね。」

 

私「そうですねー」

 

T氏「だからさぁ、誰にも内緒にして、お互いのメールのパスワードを教え合わない!?

 

私「…」

 

T氏「何か緊急事態があったときにしか、絶対に見ないから。教えてちゅー

 

私「わかりましたショボーン

 

 このやりとりが、結局、T氏の自爆に繋がるとはこの時は思いもしなかったのでした…ガーン

 

 

7.ある日、突然失踪したT氏

 

超自由人のT氏は、客先に行って帰社せずに、そのままカフェに行ってリモートで仕事してたりとか、気がついたら家に帰っていたとかがめちゃ多かったので、何日も会社に来なくなっても、ぶっちゃけあまり違和感がありませんでしたキョロキョロ

 

でも、カンカンに怒ったT氏のお客様から「Tは何処にいるんですか?」とか、T氏の上司から「Tに連絡取れないんだけど、キミ居場所知ってる?」と聞かれて、本当にT氏が居なくなってしまった事に気が付きましたえーん

 

恐る恐る、T氏のご自宅に電話したけど、誰もお出になりませんでした。

 

T氏の部下のMくんと「もしかして、どこかで倒れていたりして…」と話していたら、同じグループのみんなが集まって来て、T氏の奥様が有名な悪妻だから、家事育児の全てをT氏は押しつけられて、日常生活に嫌気がさして逃げたんだと言うのです??

 

社内恋愛でご結婚された奥様に対して、なんてひどい言い様です(涙)

 ※奥様がいないところで、言っていたのでセーフだったんですが…

 

その後急に、T氏とお互いのメール(会社の)パスワードを交換していた事を思い出しました!!

 

そして、こっそりとT氏のメールを見てしまったのですびっくり

 

そこには、T氏の居場所が書いてありました。

 

なにこれ?ありえないよね…変すぎる!!

 

と思ったので、誰にも内緒にして、そこに書いてあった電話番号に自分の席から架けました。

 

相手「Hello!This is abcHotel.How can I help you?」

 

私「Hello. This is Mimi speaking.Can I talk to Mr. T?This is an urgent matter.」

 

相手「Urgent matter?Could you hold on please?」

 

しばらくして、T氏が電話に出ました。

 T氏「ミミちゃん、なんで僕の居場所知ってるのガーン

 

私「Tさんの、メールを申し訳なかったのですが、見させていただきました。」

 

「どうして急に居なくなったんですか?」

 

T氏「…」

 

私「みんな心配していますよ。早く帰って来てくださいねキラキラ」と言って電話を切りました。

 

後ろを振り向くと、みんなが私の事を見ていましたアセアセ

 

部長「ミミちゃんって、英語喋れたんだ⁉︎」

 

チーン。

これくらいは…話せるうちにも入らないと思うけどアセアセ

文法あっているかも分からないし…

 

部長「これからは英語の電話、全部ミミちゃんに回すね!」

 

勘弁してください!(◎_◎;)

 

T氏の上司「ミミちゃん、結局Tはどこにいたの?教えて!」

 

私「ブルガリアです。」

 

T氏の上司「ヨーグルト?

 

私「ヨーグルト食べていた訳じゃなくて、ブルガリアと言う国の某ホテルに居ました。」

 

T氏の上司「え?本当に⁉︎信じられないけど、君が電話して繋がったって事は、本当なんだろうね…」

 

失踪してから、約一週間後にT氏は、何事も無かったかの様に帰国し出社してきましたチュー

 

この話には後日談があり、T氏と一緒に失踪していた事をお客様のところにお詫びに行った時の事ですが、数年前にもT氏は突然失踪していたとの事でしたハッ


T氏最悪〜!!

もう二度と勝手に居なくなるなよムカムカ

 

 8.一旦、まとめ 

いかがでしたか??

変な上司あるある!?


あるよね〜と思っていただけたら、私も嬉しいです!


T氏関連の変テコ話だったら、他にも腐るほどあるので、一旦ここで〆たいと思います。

もしも、PVが良かったら後日、変な上司あるある2を書きたいです。 

 

皆様も、変な上司にはご用心くださいねグッ

ではでは、またですーニコニコ  

 


転勤族ランキング