Mimi&Associates ミミと愉快な仲間たち

東京→札幌→大阪→東京 度重なる転勤の末に得たものとは…幼稚園受験、小学校受験を経て現在の様子等を交えて、役に立った事等を綴って参りたいと思います。

変な上司あるある‼︎2「ちょっと」の使い方がおかしい上司、俺様系の上司等

 

f:id:relazione:20201110092905j:plain

 

 

1.変な上司あるある‼︎2

 まず始めに、昨日の「変な上司あるある!!」が沢山の読者の方にお読みいただいた事に感謝申し上げますニコニコ

 

自分の経験を書くだけでしたら、時間があればすぐに書けることに気が付きました鉛筆

 

では、早速いってみましょーウインク

 

 

2.「ちょっと」の使い方がおかしい上司

 


ある日の事でした。


「ミミちゃん、僕の机の上だいぶ荷物が多くなっちゃって、パソコンが置ききれなくなってきちゃって…ちょっと、一部ミミちゃんの机に置かせてもらってもいい?」と言うT氏。


私は、勝手にパソコン一台位かなと思って「いいですよ。」と答えました。


そして、T氏が私の机に持ってきた物の一覧がこれです↓


ノートパソコン3台

デスクトップ1台

外付けメモリ約20台

ルーター


T氏、どこで入手したのか「立ち入り禁止」と書いた黄色いテープを私の机の周りに張り巡らせて、楽しそうにパソコンの設定などをしていましたびっくり


T氏のちょっとって、全然ちょっとじゃないよね…ムカムカ


※統計の仕事は、常にSASを回しているので、PCが何台も必要です。


元々私の机には、ノートパソコンが一台あったから、合計でPCだけで5台になり、異様な熱を発するぱっと見、パソコンと外付けメモリだらけの変な机に変身させられてゲーッって思いました笑い泣き


て言うか、T氏の机の上の物、全部私の机に持って来ただけじゃん!?


全然、事務スペースが無くない??この机…えーん

 


3.地震に備えて暴走する上司‼︎

 


私の机がパソコンだらけになり身動き取れなくなった翌日、今度はT氏の部下のMくん(私から見たら上司)が今度は、変な事を言い出しましたガーン


「ミミちゃん、もしも、突然大地震が起きて停電になったら、僕たちが回しているSASはどうなるんだ‼️」


※基本的に計算しないといけない量が膨大な為、24時間SASを回しっぱなしの状態です。


私 「自家発電機を買ったらいかがですか?」


Mくん「ミミちゃん〜、発電機っていくらするか知ってるの?一番安いのでも、すごく高いんだよ。」


私「えー、そうなんですか?すいません、勉強不足でお願い


Mくん「僕にいいアイデアがあるんだ。明日楽しみにしていて!!


そして翌日…Mくんが持ってきたものは、なんと…車のバッテリーだったのです車


結構な大きさの車のバッテリーを、もういっぱいいっぱいの私の机の足元に置きました。


そしてそれを、PC等につなげていました。


念のため、M君になぜ車のバッテリーなのと聞きました。


Mくん「それはさぁ節約に決まってるじゃない!!


「発電機と車のバッテリーでは、値段が10倍以上違うもん。安くてそれで動いてくれるんだったら恩の字じゃないキラキラ


私は、こんな改造まがいの事をして不安でしたが、Mくんが一生懸命だったので、何も言えなくなってしまいました。


そして案の定、事件が起きました。


朝、私が一番に出社したところ、フロアに煙が漂っているのです。ビニールが溶けたような強烈な匂いでしたアセアセ


それは私の机から漂っていましたメラメラ


まだ、だれも出社していない状況でのボヤ騒ぎでした。


火元は、私の机の足元に置かれた車のバッテリー車


どんどん煙が多くなって、パチパチ燃えている音が聞こえてきて、早くだれでもいいから出社して来てガーンとパニック状態に…


その後すぐにMくんが来てくれて、二人でバッテリーをパソコンから外し、周囲の人たちから臭がられながら、台車に乗せて地下のゴミステーションに置きに行きました。


Mくんと、これからは必要経費をケチるのはやめようと言う話になりました。 


大火事にならなくて良かったねニコニコ

 

 

4.T氏の上司

 


会社では、ほとんど喋らないダンディーなI氏お願い


飲み会でお隣の席になり、お酌をしながら、お酒が回って陽気になったI氏に聞きました。


私「Iさんって、おうちではどんなパパさんなんですか?めっちゃプライベート気になります!!


I氏「僕のプライベートが気になるだなんて、君も変わった子だな…」


私「いーから、教えてください!!


I氏「僕は、家内と娘たちから家では虐げられていて、男が僕一人だけですごく肩身が狭いんだ…」


私「Iさん、かわいそうショボーン


I氏「でもね、僕には味方がいるんだハート


私「えっ、誰ですか?」


I氏「ペットのハムスター、10匹ハムスター


私「10匹〜ハムスター


I氏「一緒の部屋で寝てるんだハート


私「お部屋の中、どうなっているんですか?


I氏「一匹ずつ一つのかごに入っていて、僕が組み立てたラックに収まっているから…部屋のほとんどはハムスターの居場所で、僕は部屋の隅にベット置いて寝てる感じ。」


私「ハムスターって夜行性だから、夜走り回って眠れなくないですか?


I氏「ミミちゃんだけだよ。そんな事気がついてくれるのーグッ

「夜行性って知らないで買ってきちゃったから、諦めて耳栓して寝てるんだむらさき音符


これ以外にも、びっくりするようなプライベートの話を繰り広げてくれるI氏なのでした。


超高学歴で、まあまあお金持ちで、ルックスが良くて仕事が出来て、出世していても、家族から虐げられていたら不幸だなと思いましたガーン


幸せってなんだろう…とI氏と飲む度に考えてしまうのでした照れ

 

5.俺様系の上司


正確には、上司ではないのですが、同じマーケティンググループの一人に俺様系の方がいらっしゃいました。


席が近かったので、毎朝、ご挨拶していたのですが、必ず無視されていました。


でも、わざとらしく、俺様系の研究員さんに「昨日のワールドビジネスサテライト見ました!○○さん、めっちゃくちゃかっこ良くて、思わず録画しちゃいましたグッ」と言ったところ、「えー、やめてよ。恥ずかしいから…」とか言ってたけど、満更でもない様子でした。


それからは、朝は普通にご挨拶してくれる様になったのは良かったのですが…

 

俺様チームの飲み会メンバーに何故か私が加えられる様になってしまい、全然仕事で絡みが無いのに、俺様飲み会には行かないとワールドビジネスサテライトの○○さんと○○さんのウザい系上司(筋肉ムキムキの昭和の男)が不機嫌になると言う、無限ループにハマってしまったのでしたうずまき

 

 

6.体育会系をアピールする上司たち‼︎


仕事で、ありえないミスを連続でしてしまい、こっそり席で泣いていたところ…


T氏が「会社で泣くなんて、男らしくない‼︎」と言うのですが…私、一応、女ですガーン

 

その後、T氏とランチに行き、2人とも食後の飲み物はアイスコーヒーを注文しました。


私が、コーヒーにガムシロップを入れようとしたところ…


T氏「男は、ブラックだろ‼️」と言うのですが…私、一応、女ですガーン

 

その後、席に戻ると、滅多に下々の席には来ない元○○省出身のマッチョな常務取締役が来て、何やらカンカンに怒っているのですびっくり


「どいつもこいつも、机の上が汚過ぎるムキー


「仕事が出来る男の机は、常に整理整頓されているムキー


と言う言葉を合図に、コンサルティング事業本部の大整理整頓大会が始まったのでした。


そして、T氏は重要な書類を間違えて、シュレッダーにかけてしまったのでしたハッ


突然の大掃除でクタクタになり、やっと席に戻ってメールをチェックしたところ、俺様チームからのメールが…「明日は、待ちに待った男祭り(飲み会)です炎


イヤイヤ…待ってないからー(笑)


これだけ、男男って連発して、男臭さを売りにしているコンサルって、なかなか無いよね!(◎_◎;)


体育会系の人しか生き残れない会社、それが○○総研!!

 

f:id:relazione:20201110104742j:plain


7.影武者が何人もいる上司

 


↑って、T氏の事なんですけどねタラー


Tの部下になってすぐの頃、私でもやっていける仕事なのかとてもとても不安でした。


SASが初めてだったので、恐る恐るSASで作ったと言うツールのsourceを見たところ…そのツール自体は完璧に完成していて、ただ単に、部分部分に会社コードや今月の各会社の集計値等の、集計したい値をセットしてSASを回し、集計結果をExcelを使って、表やグラフに加工するのが、私の主な仕事でした。


後は、T氏のアシスタント業務でした。

 

あまりにも、簡単すぎて唖然としたので、T氏に「これ、SAS関係なくないですか??

訓練すればお猿さんでも出来る仕事かも」と言ったところ


T氏「さすがに、この仕事は猿には出来ないでしょー」と真面目に答えていました。


私「それにしても、SASのツールはTさんが作ったのですか⁉︎本当にすごいし尊敬します!!」と言ったところ…


俺様系グループの研究員さんが来て「T氏は、Mr.SASですから!!」と言うので、私は真に受けてT氏は天才プログラマーだと思って、神の様に感じてしまいました。


しかし…、後日分かったのですが、このツールはT氏が作った物ではなかったのですガーン


T氏には影武者(T氏が会社の経費で個人的に雇っている人)が私も含めたら5人も居て、私以外の4人がとてもSASやVBA等に詳しく、1聞いたら10教えてくれる様な人たちだったので、毎日とても勉強になりました。


Mr.SASはT氏(T氏も相当なSASラーでしたがねー)ではなく、実はこの4人だったのです。


書いていて思ったのですが、コンサルあるある話なのかもしれませんねアセアセ

 

f:id:relazione:20201110105144j:plain


8.ヘッドハンティングされた上司


ある日の事でした。


T氏「ミミちゃん、ちょっと大事な話があるから、会議室に来てくれる!?


私「Tさん、すいません。私、何かやらかしてしまいましたかアセアセ


T氏「そんな事ないよ。いいから来て!


会議室の中で…


T氏「すいません、僕、会社辞めます。」


私「えー、何ですか突然びっくり


T氏「僕は辞めても、君はやめないで!!


「後の事は、M山氏(Mくんではありません)にお任せしたから安心してね。」


私(心の声)ゲーッ、M山腹黒過ぎてマジ苦手えーん

 

それから早10年…T氏は今、日本を代表するある企業のCEOに就任しています地球

 

人生、何が起こるか分かりませんね!!

 

 

全然、関係ない話ですが、息子の名前は姓名判断で最高の運勢の名前というのが一つだけあって、主人と話し合ってそれに決めました。


主人の名前の漢字を使ったのですが、それでも何故か、T氏と同じ名前(漢字も一緒)になってしまい、宿命の様なものを感じましたカギ

 


息子よ、どうかT氏のように大出世して、優しい奥さんや可愛い子ども達に囲まれて過ごしてほしいですニコニコ

 

9.涙もろい上司

 

 2,3ヶ月に一回、普通に仕事中に、涙ぐみながら私をジーッと見て「君と出逢えて良かった…」とか「君と仕事が出来て、僕は本当に幸せ!!」とか言うT氏。

 

T氏、くさい演技お疲れ様です爆笑

 

f:id:relazione:20201110103919j:image

 

T氏から貰った、ソープカービングで作った薔薇の花は一生大切にするねウインクOK

 

おしまいお願い

 

 


転勤族ランキング